FC2ブログ





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

14年の空白を破った ‘The Blue’ 

TheBlueのインタビュー記事が韓国サイト各種に掲載されています。
その中から1つ紹介します。

【“思い出の力、凄いです” 14年の空白を破った ‘The Blue’】

“もう食べ物が目の前にあれば、ミンジョンの顔が先に浮び上がりますよ。頬の肉のために食べないでと、どんなに小言がひどいか。必ず許しを得て食べなければならない気がするんだから。”(ソンジチャン)

14年の歳月がまるでない。所属社問題で2集を最後に、各々の活動に邁進したが‘固い相棒’がよく似合う‘名コンビ’らしく、14年を遡ってまるで昨日まで活動をしたグループみたいだ。それもそのはずなのが、放送には一緒に姿を現わしたことがないが、普段親兄弟に劣らず往き来して 14年の空白を埋めた。‘元祖 花美男グループ’ ソン ジチャン(39)・キムミンジョン (37)の ‘The Blue’が、14年前の思い出が込められた‘The First Memories’を発表して ‘カムバックではないカムバック’をした。

ブルーインタビュー1



“カムバックという言葉は実は負担です。このアルバムで昔の栄光を再現して人気をあつめるという目標はありません。ただその時の記憶を共有したファンと一緒に、思い出を楽しみたい心が、より大きかったのです。”(キムミンジョン)

【‘君だけを感じて’など、オンライン上位圏】
【爆発的な関心で録音再び】


彼らのカムバック事実が知られる前までは、仕事がこれほどまで大きくなれなかった。ドラマ挿入曲などを主にして ‘TheBlue’と ‘ソンジチャン’ ‘キムミンジョン’のソロアルバムなどでヒット曲を集めて、記念碑的なアルバムを作って見れば面白いという考えで始まった。

“私がイベント事業をする時に、たまに一緒に歌う場合があります。伴奏が今の時代とは少し合わなくて、MRアルバムを作ればどうかなという純粋な意図で始めました。”(ソン)

関心が爆発的なので、負担になることが大きかった。録音は昨年末にもう終わらせておいたが、人々の期待値が高まるにつれてダビングに入って行った。タイトル曲 ‘君と一緒に’は早いテンポの曲に編曲して、メロディーは生かすが現代的な感覚の服を着せ、‘君だけを感じて’は ソンジチャンが歌詞を付け加えて少女時代のティファニーとスヨンのフューチャリングが入って新しい味を与える。周辺の人々の推薦で ‘親友のために’を新しく追加し、‘チルロ’という新曲を一緒に載せしっかりまとまったアルバムに仕上げた。

“ただそのまま出したのでは悪口を言われるようだったのですよ。早々にまた作業に入って行ったんです。万が一にも正規アルバムとして気を使っていては年内に出す事ができないようで、欲を捨てました。。活動も6月までにするつもりです。”

【ドラマ挿入曲が主 、ヒット曲集めて】 
【‘少女時代’ティファニー・スヨン支援射撃】


デビュー中でもしなかった演習までしている。初放送の前に舞台で呼吸を一度合わせて見たが、場所が場所だから練習時間を別に出して軽く口も合わせる。

“恐ろしい SMです。私たち、昔練習をよくしなかったんですよ。練習時間をとって押し込めるんですよ。ハハ・・どうしても久しぶりに舞台に立ったら少しは負担です。緊張感もあるのに、一緒に舞台に上がるというトキメキも大きいですよ。”

‘思い出の力’は凄い。初めて公開した‘君だけを感じて’はオンラインチャート上位圏にランクされたし、‘君と一緒に’も早く上昇中だ。

“私たちの目標は違います。今はこの時代の主軸になった既成世代たちが、私たちの音楽で夢多かった学生時代を、そして昔の時代を思い出して力と勇気を得たらと思うのですよ。”

【小規模の公演も考えている。】

“気楽な席になるようです。まだ ‘その方’が出なくて、具体的な計画は立てておかなかったが、内心穏かな構想を立てています。”

     ブルーインタビュー2
【うわさ・誤解 歳月経て出発】

95年 2集以後 各々ソロ活動をしながら、彼らを取り囲んで お互いに仲が良くないという噂も多かった。実際ソンジチャンは所属社に対する誤解で、3年間キムミンジョンを見ないで暮したと言った。また14年ぶりの再結成。お互いに望む点はないか。

“ジチャン兄さんが約4年間放送活動を休んで事業にだけ邁進しました。今度の活動をきっかけに、放送活動をもう少し盛んにしたらと望むことがあります。”(キム ミンジョン)

“実は今度のプロジェクトではなかったら、芸能界に出なくちゃいけないと言う考えもしないでしょう。本当に負担なく、楽しくできたら良いです。水が流れるように、結果に拘るより良い思い出を作ったらと思います。”(ソンジチャン)

2009-05-21 FNN/포커스신문사 より
[ 2009/05/25 08:16 ] ニュースより | トラックバック(-) | コメント(-)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。