FC2ブログ





スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

キムミンジョンのいじらしい涙、女心とかしてラブライン盛況 

昨日の記事を訳しました。ドラマ視聴にお役立て下さい ^ ^

‘パクチョングム’キムミンジョンのいじらしい涙、女心とかしてラブライン盛況

“パク刑事様 抱くと本当に暖かくて良い... 今日は一日中、不思議と首が冷えるんですよ.”

MBC 週末連続ドラマ '天下一色パクチョングム'で 3年ぶりにブラウン管にカムバックしたキムミンジョンが卓越なメロ演技を披露して女性視聴者たちの心を捕らえている。
劇中サゴンユラの政略結婚相手である弁護士ハンギョンスとして登場、サゴングユラの異母姉妹パクチョングムと年を超越した愛をはぐくんでいるキムミンジョンは、紳士的でもあり、暖かいキャラクターをよくいかし出して好評を得ている。

先週 ますます難しくなるチョングムに対する心を控え目に現わして、視聴者たちの胸をときめかせたギョンスは、2日 10回放送分で再び胸にせまる涙の告白を広げて 'メロ延期の達人'という賛辞を受けた。

この日自分を養って育ててくれた養母にサゴングユラと結婚することができないという意思を表明した彼は “だから頭の黒いけだものは引き取るものではないと言った”という冷ややかな言葉を聞いて寂しさにうちひしがれた。一人で漢江の水辺に行き、こみ上げた感情を取り纏めたギョンスはチョングムに会おうという電話をかけた。
押し寄せるさびしさと冷たい心を寄せる所が必要だった彼は、チョングムに会って暖かさと安らぎを感じた。しかし子供のいる寡(やもめ)であり、サゴングユラのお姉さんである自分の境遇を思ったチョングムは “私はギョンスさんが私を好んでくれる気持ちが本当に嬉しいです。それが哀れみのためでも安らぎでも...でも、私は一人の男性から愛されることより、自分の息子の授業料を心配しなければならないおばさんです”と言ってその気持ちをおしかくしてしりぞけようとした。
ここにギョンスは養母とあった事を打ち明けて“今日だけは私をしりぞけないで”と頼んだ。彼の辛い事情を聞いて、それ以上言えないチョングムに対してギョンスはどうしてこんなに寒いまま走り回るのかと暖かい責め言葉と共に直接襟巻きをしてくれる思いやりを忘れなかった。
そしてチョングムを静かに抱いて “パク刑事様を抱くと本当に暖かくて良い。今日は寒くて、不思議なことに首が冷えるんですよ..”とささやく彼の目もとには涙が浮かんだ。

放送後視聴者掲示板には ‘キムミンジョンはとても格好いい!必ず二人が結ばれたら・・・’、‘ 月日が経っても変わらない容貌とみずみずしいメロ演技、やっぱりキムミンジョンですね!’、‘痛みをおさめた彼の涙に私まで悲しくなった’ などキムミンジョンのキャラクターと演技力に対する熱い反応が集中した。
競争作 KBS 2TV 週末連続ドラマ 'ママが怒った'との視聴率格差を狭めて人気独り占め中の ‘天下一色パクチョングム’がキムミンジョンのメロ演技とベジョンオク-キムミンジョン-ハンゴウン 三人の三角構図でより多くの視聴者たちを捕らえることができるか結果が注目される。


“パクチョングム”の前にひざまずいたサゴンユラ、
     ベジョンオク-キムミンジョン-ハンゴウン 三角関係に興味津々

「お姉さん,お姉さんが 一回だけ私に譲ってよ。お姉さんは誰にでも愛されることができる人じゃないの。でも、私はその人ではなければだめなのよ・・」

天下のパムムパタル サゴンユラが、愛のためにひざまずいた。

2日放送された MBC 週末連続ドラマ '天下一色パクチョングム' 第10回では、それまで腹違いの姉パクチョングムに対して、傍若無人に振舞ったサゴンユラが初めてチョングムにお姉さんと呼んで、涙で訴える場面が描かれて注目された。

前日の一日放送分で婚約目前のギョンスからチョングムを愛しているから結婚できないと聞いたサゴンユラは、チョングムに向けた怒りとギョンスに対する恨みに悩んだ。
サゴングユラとの政略的結婚を目前としたギョンスは一緒にいると気楽で幸せになるチョングムに対していつのまにか愛を感じて控え目に気持ちを告白した。
この日放送初盤、チョングムがギョンスを横取りしたと思って怒ったサゴンユラは、チョングムに会って水を浴びせて、お酒を飲んでギョンスを呼び出して「その気にさせておいて、虫を跳ね除けるように冷たくするのよね。初めはすべて違うみたいだけど、最後はこんなふうで結局同じよね」と言って傷ついた心を現わした。
しかし申し訳なさにどうする事も出来ないギョンスに 「私のようなものに少しの間でも本気で相手をしてくれた事をいつまでも思い出すわ」と付け加えて、彼に対する変わらない切なさを見せた。
この日放送分後半には父ポンピルの呼びだしを受けて家を尋ねたチョングムとサゴンユラがもう一度出くわして緊張感を作り出した。サゴンユラは、家に入って行こうとするチョングムに〝お姉さん〝と呼んでチョングムに驚きを抱かせた。
突然のサゴングユラの行動に荒てる気配がありありなチョングムの前に、彼女はとうとう膝まずくことまでして、ギョンスを得るための壮絶な訴えを始めた。
“お姉さんは誰にでも愛される人でしょ。子供まで失ってしまったこと、許せないでしょうけど・・・私は本当にあおの人を愛しているのよ。だからお姉さんが一回だけ譲って下さい。」と言って涙を見せたサゴングユラの姿に視聴者たちは切なさと同情の声を高めた。

この日の放送後、この週末ドラマ視聴者掲示板には ‘もちろんエゴイスチックで悪いことが多いが、サゴングユラの切ない愛を理解できる点もあるようだ’、‘ギョンス-チョングムのカップルもよく似合うが、本気のこもるサゴングユラの心があまりにもかわいそうだ’ などのカキコミが並んでサゴングユラに向けた視聴者たちの暖かい関心を感じらせた。

一方来週の予告篇では、チョングムから冷たく追い出されて涙を見せるギョンスの姿と、チョングムが同級生ヨンジュンから不意打ちのキスにあう場面などが放映され、これから展開される週末ドラマ '天下一色パクチョングム' の中年男女のラブストーリーに興味を掻き立てた。

[ 2008/03/04 21:59 ] 天下一色パクチョングム | TB(0) | CM(4)

こんな記事も・・・

rouranさんありがとうございます。
教えて下さったブンカコリア記事の少し前に、ベジョンオクさんが「個人的には、年下より同年が好き」と言ったインタビューがあり、その中でミンジョニムは「自分は頼れる年上も気楽でいい」って書かれてました^^http://www.bunkakorea.com/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=news&page=3&wr_id=15297
(韓国のニュースでも同じものがありました)
[ 2008/03/08 10:36 ] [ 編集 ]

視聴率アップで

訳していただいて本当に助かります。
視聴率が良いみたいで本当に嬉しいですね。

ブンカコリアでもこんな記事が載っていました。
http://www.bunkakorea.com/?doc=bbs/gnuboard.php&bo_table=news&page=1&wr_id=15288
[ 2008/03/06 06:15 ] [ 編集 ]

ドラマ視聴率アップにミンジョニムの演技が大きく貢献しているとのニュースを目にすることが多く、嬉しいですね^^
マフラーのシーン…もらい泣きしました~
[ 2008/03/06 00:42 ] [ 編集 ]

訳して頂きありがとうございます。台詞のひとつひとつが胸にせまります。特にマフラーをかけてあげた後のギョンスの言葉、そしてあの表情に胸が熱くなりました。
ミンジョニムの素晴らしい演技を評価して下さる声も知ることができて、とても嬉しいです。演技の達人! ピッタリの言葉ですね。
[ 2008/03/05 01:13 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://minjongskylovejapan.blog18.fc2.com/tb.php/72-e6d0ee61










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。